学生あるある。英語の授業は先生次第でやる気が変わる

こんにちは、lickです。

今回は学生時代の英語の授業を振り返って
先生が違うだけでやる気が変わりますよねって話をして行きます。

 

英語の授業が本格的に始まったのは中学1年からで、
ほぼ初めての英語の授業だったのでワクワクしていました。

 

中学校では英語どころか全部の教科で
教えてくれる先生が変わるということもあって
この教科の先生誰だろう?
と考えるのも初めは楽しかったものです。

 

英語は誰だろうな〜?と待ちわびていましたが、
英語の担当の先生は学年主任のおじさん先生(40前半くらい)。

よーし、この先生が英語の先生か!
頑張るぞー!

と意気込んで授業に望んでました。

初めての英語の授業だったこともあり
最初の方は英語の授業が楽しかったです。

ALTの外国人の先生もたまに来て
おじさん先生と一緒に英語を教えてくれました。

 

絶対英語を得意教科にしてやると思ってたし
そうなるとしか思ってなかったです。

 

しかし

 

その先生は真面目すぎるのか
授業中は面白い例え話するとか
良いリアクションとるとか
ほとんど全くなくて、中一ながらにして

 

英語の授業ってつまんねーなと思い始めてしまいました。

 

そこから英語嫌いの学生生活がスタートしてしまったのです。

 

もうその時点でやる気0ですよw

 

羨ましいことにひとつ上の2年生の英語の先生は

 

若くて可愛い(当時24、5くらいで川栄李奈似の)
女子バレー部の顧問の女の先生でした。

 

あの可愛い先生の授業だったら英語頑張れるのになー

 

と思いつつもそんな妄想とは程遠く
おじさん先生のクソつまらない授業が続きました。

 

全く授業に集中できなくて英語も頭に入ってこないし

隣の席の子と教科書を読んでも文章が読めなくてテキトーに読む

文法も全く分からず基礎も全くでした。

 

そんなことしてるうちに期末テストになり
テスト前なんか勉強する気にならなかったので

 

英語は捨て教科にしよう

 

と思い

全くと言っていいほど勉強せず、
テスト始まる前にテスト範囲のプリントを
一通り見てテストを受けていました。

 

案の定、点数は40点ちょい、、、

 

当時はおじさん先生の授業がつまんないからだな
とか思ってました。
(割と真面目にw)

今考えれば、ただ勉強してなかっただけだろ!
って思い、反省しております。。。

 

なんやかんやで1年生終了して

やっとおじさん先生から解放された!

と安心したのもつかの間。

 

 

2年生の時にはまた違うおじさん先生だったのです。

 

 

そのおじさん先生は

とりあえず声がデカいw

 

当時はそれが嫌だったのか

勉強頑張ろうとは思いませんでした。

 

完全に英語の先生に恵まれてなかったです。

 

もちろんその1年間も全くやる気が起きず

テストでは40点そこらを行ったり来たり。

 

みんなで教科書音読する時には読んでるフリをして

教科書の英文のスピーキングの小テスト的なやつは
全部カタカナ英語で

This is the pen
ディス イズ ザ ペン

という感じで単語ひとつひとつをはっきり読んでいたり

ひどい時は授業つまらなすぎて寝てましたw

 

もう英語はいいやと完全に諦めてました。

 

 

しかーし!!

 

 

中三になってサヨナラ逆転満塁ホームランが生まれました。

 

 

なんと!

なんと!!

なんと!!!

 

 

 

若くて可愛いバレー部の顧問の女の先生が
僕らのクラスの担当になったんです!

 

あの時の妄想が現実に。

 

心の中では
嬉しくて嬉しくてたまらなかったのを覚えていますw

 

3年生になってからは毎回英語の授業が楽しみで、
勉強もしっかりしてましたね。

 

でも最初の期末は中二の問題も入っていて
あまり解くことができなかったため
点数がそれほど伸びませんでした。

 

それでもやっぱり授業は楽しいから
理解しようとするし
英語に対して前向きになれました。

 

50分の授業だったんですけど
楽しかったのであっという間に時間が過ぎていました。

 

好きなことしてると
時間の流れが早く感じますよね。
その感覚です。

 

 

楽しんで授業を受けていたら
二学期のテストで70点近く取ることができたのです。

 

よっしゃー!と思って嬉しかったし

 

何より先生に

 

頑張ったね!

 

って言われてめちゃくちゃ嬉しかったw

 

その後も点数は落ちることはなく
学年末のテストでも
高得点を取ることができました。

 

英語って楽しい!

 

高校でも頑張ろう!

 

と意気込んで高校に入学しましたが

 

でもそのあとは
やっぱり英語の先生には恵まれず

 

また英語に対してやる気がゼロになってしまって

そのままやる気が戻ることはありませんでした。

 

結局満足に英語の授業に取り組めたのは
中三の1年間だけでした。

 

 

 

この記事で何を伝えたかったかというと

 

モチベーションを保つためには楽しんで勉強することが大事ってことです。

 

めんどくさくなるときは必ずあるけど
やる気はやらないと出ないものなので

そうなるのは当然。

 

いかに楽しんでやるかが継続につながると思うから

僕は英語を楽しんで学習しています。

 

つまらないと思って学ぶより

楽しいと思って学んでたほうが

結果が出ることは

学生時代の英語の授業で

実際に経験しているのでわかっています。

 

なんでもそうですけど好きなことに対してなら

超集中できるし

何時間でもやってたいと思いますよね。

 

例えば

好きなマンガを読み始めたら
面白すぎてずっと読んでしまって
気づいたらもうこんな時間だ!

ってことが今までで1回はあると思います。

 

この感覚が勉強するときに出てくれば最強です。

 

楽しんで学んで

知識となって頭に入って

将来、役に立つ

そしてさらに学ぶ

 

このサイクルが理想です。

 

皆さんも何かに取り組むときには

楽しんで取り組みましょう!

 

 

ーーーーーーーーーー

僕は高卒で大手自動車会社の
下請け会社に就職して仕事をしていたら

単純作業で忙しすぎる仕事、
激突する人間関係、
危険な労災、などなど
現状に危機感を感じていて
将来のことを考えても不安ばかり。

そんなことを毎日考えてたら
うつ病寸前になり、
「このままではやばい」と思って

あることを始めたら30分で2万円稼げて
そこで英語に出会い人生が変わりました。

その時の詳しい話はこちらから見れます。↓
リックのプロフィール

ーーーーーーーーーー

僕は「英語を話す」ことに特化して
英語を勉強しています。

最初はどうすればいいか迷い
TOEICを受けたり英検の勉強をしたり
「話す」こととは
かけ離れたことをしていました。

ある日英語ネイティブと
会話をする機会があって
実際に本物の英語に触れました。
そこで「やっぱり英語は
話さないと絶対身につかない」
と確信しました。

そこでブログだけでは
伝えきれない具体的な勉強法や
英語に対してのマインドなど
「英語を話す」ために
必要なことを発信する
メルマガを始めます。

興味がありましたら
ぜひ登録お願いします。
英語を話すに特化したメルマガに登録する

 

詳細が気になる方はこちらをクリック<<